開店祝いに現金を贈る場合の贈り方

MENU

開店祝いに現金を贈る場合の贈り方

開店祝いで、先方に現金を贈るというのは、意外に簡単そうで難しい事であったりします。
本来、このような祝儀でお金を贈るというのは、
「申し訳ありませんが、贈り物として、適当な品物が思い当たりませんので、そちらで選んで下さい」
という、割合に遠慮勝ちな意味合いが込められていて、儀礼上は、品物を贈るより上とは言えないからです。

 

そうでなくても、金銭というのは、贈るのに際して、どうしても俗物的で卑しいイメージがあります。
贈り方を間違うと、「こっちは金に困っているわけではない」というマイナスな感情を先方に、
抱かせてしまうという恐れもあります。

 

開店祝いに現金を贈る場合には、当然ですが、裸で封筒に入れてというのは避けないといけません。
お金の貸し借りではないのですから、当たり前ですね。

 

このような場合には、熨斗袋を購入して、開店祝いなら、開店祝い、入学祝いなら入学祝いと、
表に明記してから贈ります。
この場合、自分で持参する時には、ふくさに包んで熨斗袋が見えないようにするか、
ふくさがないなら、ハンカチなどに包んで、持っていくのが正しいマナーになります。

 

遠方から郵送する時には、現金書留を利用しますが、もちろん裸はタブーです。
ちゃんと、熨斗袋に入れてから、その上で現金書留の封筒に入れて贈ります。

 

ちなみに、開店祝いなら問題ありませんが、目上の人への個人的な贈り物の場合は、
結婚式や葬式の場合以外は、現金を贈る事は、タブーであるとされていますので注意しましょう。

 

また、現金を幾ら包むかも、悩みの種ですが、知りあい程度なら1万円、親戚や友達なら、
3万円前後が相場であると言われています。

 

今後も、末永くお付き合いをという気持ちがあるなら、大目に入れると、先方にも気持が伝わるでしょう。

 

もし、同じように現金を贈る知りあいがいるなら、金額を合わせて贈るのもいいでしょう。

 

開店祝いの贈り方