開店祝いを贈るタイミング

MENU

開店祝いを贈るタイミング

 開店祝いを贈るタイミングとしては、開店の一週間前から開店当日までが原則とされています。
お店の開店を告げる告知は、大体1か月前から来るので、そこから逆算して贈ると分かりやすいでしょう。

 

しかし、開店祝いを贈るタイミングと言っても、贈り物をする品物によっても、時期は変わってきます。
例えば、記念品として、時計を贈る場合には、当日、あなたが持参しても、それが余程大きい柱時計とかでは
無い限りは、忙しい開店準備の邪魔にはならないでしょう。

 

でも、それが鉢植えの観葉植物だったり、花束だったりすると、手渡しは場所も取りますし、
どこに置いていいかで、先方を煩わせてしまう恐れもあります。

 

このような場合には、自分では贈らずに、出来ればセッティングまでしてくれる業者を頼んでおけば、
先方も、受け取る作業に時間を取られる事もなく、喜んで受け取れるでしょう。

 

オープニングに特にイベントがない場合などは、お店の賑やかしをかねて直接に開店祝いを贈る事も出来ます。
この場合には、贈り物を手渡しして、雑談して帰るのではなく、買えそうなものがあれば、
開店祝いに、購入していくというのも、先方に喜ばれるイベントの一つだと言えます。

 

もし、可能であれば、友達同士でしめし合わせて、大勢でお店に向かえば、周囲にお店のオープンを知らせる
一つの広告効果を兼ねる事も出来ますし、開店の日に来てくれた人として思い出にも残るでしょう。

 

それから、今後もお付き合いを継続していきたいという思いがあるのなら、
開店祝いばかりでなく、一周年や、五周年という節目、節目の贈り物も忘れてはいけません。

 

大抵、贈り物は、開店時に多く、そこから減っていきますから、変わらず贈り物をする、
あなたの印象は必ず、先方の記憶に残っていく事だと思います。

 

開店祝いの贈り方