開店祝いの相場

MENU

開店祝いの相場

 開店祝いに包む金額の相場は、いくら位なのか、そこは悩みどころですよね?
相場より、金額が低かったら、恥ずかしいですし、だからと言って多くしてしまうと、
先方に大変な気を使わせてしまう事になるかも知れません。

 

開店祝いの相場としては、大体、親族、家族の場合には1〜3万円、
友人、知人の場合には、5千円〜3万円、取引先の場合には1万円〜3万円が
おおよその失礼にならない相場であると考えられています。

 

しかし、五千円は底値と考えて、これを下回るのは止めましょう。
先方を恐縮させたり、恥をかかせてしまう恐れが高いです。

 

もし、五千円を出すのも惜しい、という程度の関係なら、招待状が届かない限りは、
先方も、あなたを気にしてないので、無理に開店祝いを出す必要はありません。

 

 

それから、贈る物が金銭である場合には、その土地の習慣が関係するケースもあります。

 

例えば、田舎などの場合には、共同体の取り決めとして金銭の場合には、
誰であっても1万円とか、金額がきっちり決まっている土地もあるので注意が必要です。

 

周囲が皆一緒で、あなただけ違うと先方を困惑させる事になるかも知れません。
そのような場面で恥をかかないように、金銭の習慣についてはリサーチが必要な事もあります。

 

また、田舎であるか、都会であるかでも、あなたとの関係性でも強弱がありますね。

 

もし、金銭的にキツイ時や、御祝儀の周囲の相場が分からないならば、
金銭以外の花や、時計や、飲食店なら、お店を飾る、絵画などがいいかも知れません。

 

これならば、明確に幾らというのが分からないですから、
金銭の上下で頭を悩ませる必要もなくなると思われます。

 

開店祝いの相場は、このような感じになると思います、参考になりましたでしょうか?