開店祝いのメッセージカード

MENU

開店祝いのメッセージカード

開店祝いのプレゼントに、ワンポイントを添えるのがメッセージカードです。
たかが、メッセージと侮るなかれ、その一文が先方の心に長く残る励ましの言葉になるかも知れません。

 

でも、開店祝いのメッセージと言っても、何を書いたらいいか分からない、、
そういう人も多いかも知れませんね、実際には、メッセージカードはネット検索すると、
文例集が山ほどあるので、それを流用すれば、それなりに形にはなるんですが、
敢えて、自分の言葉で、という方の為に簡単なメッセージのコツをお教えしましょう。

 

メッセージカードは、長くても90文字程度の短い文章が好まれます。
開店準備で、忙しく、そうしみじみ読めるような長さは不要だと考えられるからです。

 

だから、文章の始まりは、「開店おめでとうございます」という文章から始まり、
文章の最期は、「貴店の御繁盛とご発展をお祈り申し上げます」で切ります。

 

どうでしょう?たった、これだけでも立派にメッセージカードになっていますよね。
ここまでは、紋切り型なので、特別に親しい間柄なら、真ん中にもう一文いれましょう。

 

例えば、長年の夢が叶いましたね、健康に気をつけて頑張ってくださいと入れます。
これを全て、繋げてみると、こうなります。

 

開店おめでとうございます。
長年の夢が叶いましたね健康に気をつけて頑張って下さい。
貴店の御繁盛とご発展をお祈り申し上げます。

 

察しの良い方は、御理解していただけたと思いますが、真ん中の行に、
先方の健康を気遣う言葉と、夢が叶いましたねとか、努力が実りましたね、
という言葉を容れると、メッセージカードがぐっと親密な感じになります。

 

カードを贈る相手が目上の方の場合には、これに謙譲語や丁寧語を加えると
親しみの中にも、礼儀を重んじた丁寧な印象になります。

 

このコツを覚えておくだけでも、メッセージカードを書くのが捗りますよ。